光アルファックスロゴ
光アルファクスの仕事 システム/営業職

システム営業本部
西日本システム営業部
神戸営業G

私の部署では主に産業用電機品、計装・制御システムの取扱いをしており、機械・プラントメーカーをお客様としています。多くはお客様が物件へ入札を行い、受注すれば当社や他の競合メーカーに引合を出し、メーカー決定をするという流れです。お客様が受注しなければ仕事が無いので何もしないと言う訳ではなく、お客様の応札状況をいち早く掴み、入札前からの見積・技術協力を行い、更には、他メーカーの動向、ターゲット価格や納期の情報を入手し、メーカーに対し、報告、協力要請を出し、事前に調整させておきます。いざお客様が受注した際には全ての準備を整えた上で、ネゴ交渉に当たり受注を目指します。海外物件も多く、英語の仕様書で依頼される事は日常茶飯事ですので、英語の勉強も必要になります。

仕事のやりがい
当然営業ですので、他メーカーとの競合の中、お客様の情報を掴み、メーカーをうまく導いて受注出来た時は非常にやりがいを感じます。
また商社という立場上、お客様だけでなくメーカーとも信頼関係を築いていく必要があります。親切な人、気難しい人、怖い人様々なタイプの人がいますが、いかに親交を深めて付き合っていけるのかを模索するのも楽しいですし、たくさんの人たちと接する機会があるという事にもやりがいを感じています。
技術的には難解で分からない事は多々有ります。そんな時でも、いざという時はメーカーに専門家がいますし、助けてもらえます。あくまで私の仕事はお客様とメーカーの信頼関係をうまく築き上げていく事だと考えております。

エピソード
あるお客様で今年度中に社内設備を更新を検討しているので、すぐに話を聞いてくれるメーカーを探しているという話を他部署の方から紹介頂き、あまり付き合いの無い部署でしたが、仕様の確認や社内状況のフォロー、時には世間話等、事ある毎に訪問を重ね、徐々に担当者の方との距離を縮めていく事が出来ました。その後、更新は予算化され、そして競合メーカーがあったにも関わらず、「ずっと頑張って協力してきてくれたから、オレもそれに応えてあげなあかん」と言って頂き、なんとメーカー指定で注文を頂く事が出来ました。メールや電話等の情報ツールが発達している今日でも、やはり顔を合わせて話をするという事はとても大事だと実感しました。忙しくても出来るだけ訪問して、話をする事を心がけています。