Look Into The Future「ごあいさつ」
おかげさまで70周年 お客様とともに、光ある明日をこの先も

戦後混乱期の昭和23年に神戸で創業した当社は、エレクトロニクス・産業システム・マテリアルの専門商社として歩みを続けてまいりました。その間、価値ある情報と誠実なサービスの提供を目標に掲げ、常にお客様のニーズを満たし、企業活動を展開してまいりました。
今日、当社がありますのもお取引先各位の温かいご支援、ご鞭撻の賜物と、
70周年を迎えるにあたり心より感謝申し上げます。
近年、企業を取り巻く環境は大きく変化しております。産業界の構造変革の時代に、商社のあり方も革新を求められています。また「地産地消」の時代でもある現代におきましては、お客様の海外展開がますます加速されるものと思われます。高度最先端技術産業の一翼を担う当社にとって、今こそ真価が問われるときでもあります。この変化にスピーディに対応し、国内外を問わず最適なソリューションを提供してまいる所存でございます。
さらにCSR(企業の社会的責任)の実現により、お客様方をはじめ社会全体からより一層信頼される企業を目指してまいります。どうかなお一層のご厚情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018年に創立70周年を迎える当社では、昭和46年に制定された基本理念である“お客様第一主義”が世代を交代しても社員の心に刻み込まれ、現在でもDNAとして受け継がれています。インターネットの発達により、あらゆる情報を簡単に手に入れることができる時代ですが、ネットに氾濫している情報の中から必要とされる情報やサービスを選別して提供することがすなわちお客様の繁栄へとつながり、ひいては社会への貢献につながることであると考えております。

商社の基本機能であるQ(品質), C(コスト), D(納期), D(開発)の中で、当社では(品質)(コスト)(納期)は当然のこととして機能させていますが、これからはD(開発)が商社にとっての最重要機能になると考えており、お客様が製品を開発される段階からデザイン・インすることに重点を置いた営業活動を行っています。また、お客様の海外生産に対応すべくアジアを中心に海外展開をしてまいりました。これからも「地産地消」は進むと考えており、当社としても、さらなるグローバル展開が必要となってまいります。

3事業のシナジー効果を目指して

当社は、祖業である「社会インフラ部門」と、生活の中であらゆるものに使われている半導体・電子部品などの「電子デバイス部門」、生活の付加価値を高めるものに使われている「マテリアル部門」の3つの事業部門で構成されています。この3つの部門が互いに協力し合うことによって得られるシナジー効果を最大限に生かし、お客様が必要とされる最先端の技術と的確な情報を細心のサービスをもってご提供してまいります。

今後の進むべき道

お客様が製品の開発を行われるにあたり、製品の100%を1社のみで賄うことは困難です。当社はメーカーではありませんのでモノづくりのノウハウはありませんが、今後はノウハウを持ったメーカーとの協業を図り、当社独自のモジュールや製品の開発を進めていき、メーカー系商社の位置づけから脱し、お客様が求められる最適な製品やサービスを提供してまいります。
現代は自動車、住宅、家電製品や社会インフラのあらゆるものがネットに接続され、「モノ」のネットワークが形成されたIoTの時代となりました。当社といたしましても、センサーデバイス、通信モジュールなどの販売はもちろんのこと、SIerとの協業により「蓄積されたデータの見える化」「AIによるデータ解析」などのシステム開発を行えるシステムコーディネータを目指してまいります。
既製品だけでなく蓄電デバイス、またビッグデータの時代に必須となるストレージ製品の取り扱いなどを新規事業として始めています。また、近い将来有望市場となる水素燃料電池の事業化検討も行っているところです。

社会から存在価値を認められる会社を目指して

2017年度は過去からの念願であった売上高500億円を達成いたしました。
70周年を一つの通過点として捉え、近い将来には800億円、1,000億円と規模の拡大を図り、成長してまいりたいと考えております。
海外展開を図る上では、既に取得済のISO14001に加えてISO9001の取得が重要になると考え、取得の準備に入っております。また、各国の税制を加味した情報システムの構築も重要となります。グローバル企業としてCSRを推進することにより、社会の信頼を得られる企業を目指します。
さらに、存在価値を高めていくために当社の認知度の向上は必要であり、株式上場も選択肢の一つとして、ワンランク上の経営体制を目指したいと考えております。

70周年、その先へ

当社のDNAである“お客様第一主義”は、社員の自覚なしには成り立ちません。社員が安心して働ける環境の整備と社員の成長を促す教育を重視し、次の時代に向けた「社員の満足度の向上」に取り組みます。そのことが、「お客様から最大の信頼を得る」という最も大切な目標の実現につながるものと考えております。

明日を照らす戦略
サポートシステム
グローバルネットワーク

3つの事業部門はそれぞれ独立する一方、最先端の技術は互いに関係し合い、補完し合っています。例えば、電子デバイスの熱対策に使われる放熱材料は、電子デバイスとマテリアルのどちらにも精通する当社だからこそ最適なコンポーネントが実現しています。このような技術のマッチングはますます広がりを見せ、3つの事業部門が一体となった幅広く高度な技術力、そしてスピード&パフォーマンスは今後さらに実感していただけるはずです。このシナジーというべき当社の優位性を生かした多面的な提案が課題を高いレベルで解決するだけではなく、その付帯情報がお客様の潜在的ニーズを喚起し、新たなビジネスチャンスにも貢献しています。

各事業部門には商品知識に精通した専任の技術スタッフを配備し、製品の企画・設計にも深く関わる開発サポートを行っています。技術商社として高度な専門知識を保有することはもちろんのこと、お客様が開発する商品のコンセプト、あるいは導入しようとする製品のプロジェクトを深く理解することで、課題をより高いレベルで解決します。若手の技術スタッフの育成に力を注ぐとともに、経験豊富な技術者を外部から積極的に迎え入れることで、グループ全体の能力向上を図っています。当社の誇るこの技術陣による最高のソリューションとサポートにご期待ください。

電子デバイス部門では、既製品だけではなくデバイス製品のカスタマイズやソフトウエアの開発支援まで、幅広く対応しています。社会インフラ部門では小さな機器一つから工場丸ごとまで、マテリアル部門では既製素材だけでなく機能のカスタマイズと加工まで、同様にきめ細かく対応いたします。また、開発プロジェクトにおいては、どの段階からでもステップインすることが可能です。当社を必要とする課題が生じたときは、いつでも、どんなことでもご相談ください。信頼いただけるシステムコーディネータとして、最善の結果が得られるサポートを行ってまいります。

3つの事業部門はそれぞれ独立する一方、最先端の技術は互いに関係し合い、補完し合っています。例えば、電子デバイスの熱対策に使われる放熱材料は、電子デバイスとマテリアルのどちらにも精通する当社だからこそ最適なコンポーネントが実現しています。このような技術のマッチングはますます広がりを見せ、3つの事業部門が一体となった幅広く高度な技術力、そしてスピード&パフォーマンスは今後さらに実感していただけるはずです。このシナジーというべき当社の優位性を生かした多面的な提案が課題を高いレベルで解決するだけではなく、その付帯情報がお客様の潜在的ニーズを喚起し、新たなビジネスチャンスにも貢献しています。

各事業部門には商品知識に精通した専任の技術スタッフを配備し、製品の企画・設計にも深く関わる開発サポートを行っています。技術商社として高度な専門知識を保有することはもちろんのこと、お客様が開発する商品のコンセプト、あるいは導入しようとする製品のプロジェクトを深く理解することで、課題をより高いレベルで解決します。若手の技術スタッフの育成に力を注ぐとともに、経験豊富な技術者を外部から積極的に迎え入れることで、グループ全体の能力向上を図っています。当社の誇るこの技術陣による最高のソリューションとサポートにご期待ください。

電子デバイス部門では、既製品だけではなくデバイス製品のカスタマイズやソフトウエアの開発支援まで、幅広く対応しています。社会インフラ部門では小さな機器一つから工場丸ごとまで、マテリアル部門では既製素材だけでなく機能のカスタマイズと加工まで、同様にきめ細かく対応いたします。また、開発プロジェクトにおいては、どの段階からでもステップインすることが可能です。当社を必要とする課題が生じたときは、いつでも、どんなことでもご相談ください。信頼いただけるシステムコーディネータとして、最善の結果が得られるサポートを行ってまいります。

NEXTソリューション
電子デバイス部門
社会インフラ部門
マテリアル部門
最先端の技術と情報を駆使し付加価値の高いソリューションをご提供します。

営業3部門である「電子デバイス部門」「社会インフラ部門」「マテリアル部門」がそれぞれに次代のテーマを掲げ、それに見合った付加価値の高いソリューションを展開してます。IoT時代におけるお客様のプロダクツ開発に、確かな技術力と高機能・高性能な商品をご提供。頼れるパートナーとして、プロジェクトのスタートからゴールまで、私たちが力強く支援いたします。

現代は、あらゆるモノがネットにつながるIoTやAIの活用で、より付加価値の高い、そして新しいサービスに向けた取り組みがなされています。
当社も、部品のみならず独自のモジュールやシステム製品等の開発を進め、お客様のニーズに合った最適なソリューションの提供を目指しております。
注力製品として、IoT等に使うセンサデバイスと通信モジュール、そしてビッグデータ分析に欠かせないストレージ製品やシステム、これからますます需要が増える蓄電デバイスにもフォーカスし、既存製品も含めた幅広い製品とサービスをご提案し続けてまいります。
お客様の製品開発のベストパートナーとして、最先端の技術を駆使し今後もお客様の発展に貢献することをお約束いたします。

高品質を世界から。当社がお薦めする注目の最先端ソリューション。

IoTソリューション

IoTをビジネスに活かすプラットフォーム全体を提供いたします。多種センサ、通信モジュール、ゲートウェイ、通信キャリアと連携したクラウドサービスまで含めて、どの切り口からでもお客様のご要望にお応えさせていただきます。また、機械学習(AI)による分析・支援サービスソリューションもご用意いたしております。

モジュールソリューション

マイコンのソフトウェア、半導体を使った基板などのハードウェア、筐体を含めた製品の設計から量産までの開発もおまかせください。お客様のご要望に適したアウトソーシングを提供いたします。
また、お客様が設計開発した製品をEMS(国内・海外)にて量産するソリューションも提供しております。

開発ソリューション

IoTをビジネスに活かすプラットフォーム全体を提供いたします。
多種センサ、通信モジュール、ゲートウェイ、通信キャリアと連携したクラウドサービスまで含めて、どの切り口からでもお客様のご要望にお応えさせていただきます。また、機械学習(AI)による分析・支援サービスソリューションもご用意いたしております。


めまぐるしく進化する時代とともに、お客様の製品要求はとどまることなくより高度なものになってきています。そういったご要望に合わせ、常に最先端技術の半導体製品やモジュール製品を提案し、ご提供しています。また、単に製品の提供だけではなくマイコンソフトの開発や最終製品の開発など最高の満足をご提供するソリューションビジネスも展開し、お客様の問題解決に貢献いたします。私たちは単なる物を売る商社ではありません。半導体のスペシャリストとしてお客様に満足いただくソリューションを提供できる技術商社です。

▶電子デバイス部門お取り扱い一覧

市場環境の変化に対応し、省エネ・創エネ時代におけるよりよい製品提供をいたします。お客さまの役に立つソリューション提案を着実に行い、ご期待に応えてまいります。
産業機器の総合商社、東芝ビジネスグループのビジネスパートナーとして

最新テクノロジーと強力なサポート力を発揮し、未来社会に貢献する多彩な分野のスペシャリスト集団を目指します。

当社がお薦めする注目の最先端機器とシステム。

IoTソリューション

あらゆるモノがネットにつながるIoTやAI(人工知能)の活用により、現場(工場)の見える化・予防保全など、業務の生産性向上と既存事業の変革、そして新規事業に対して的確なハード・ソフトを提案いたします。

画像ソリューション

各種産業用カメラを中心に、光学レンズ・照明装置・3DやDeep Learningを用いた画像処理を最適化し、さまざまな用途に合わせたシステムを提案いたします。

施設設備ソリューション

産業機器(制御系システム・インバータシステム・ロボットシステム)、情報・通信機器(プリンティングシステム・無線通信)から流通システムまで、ご要望に合わせたシステムを提案いたします。

施設設備ソリューション

環境への配慮と社会の安全・安心を実現させる目的で、ビル・工場などへ省エネ・創エネ性能に優れた最適な機器とエネルギーマネジメントシステムを提案いたします。


時代の変化に伴い、お客様のニーズも常に進化し続けています。高性能・高機能・高効率はいうまでもなく、公共益という価値観が重要な課題として注目を増しています。そうした要求に応えるべく、社会インフラ部門では「社会貢献」をテーマに「環境」「安全」「革新」をキーワードとして、市場環境の変化を先取りしたすぐれた製品によるソリューションビジネスを展開しています。電気計装制御システムやビルシステム・IT関連機器といった各分野において、さまざまなベンダの中から最適な製品・技術を組み合わせて提案。時代をリードするソリューションベンダとしてお客様の課題解決に貢献します。

▶社会インフラ部門お取り扱い一覧

当社のマテリアル事業には、70年以上の歴史があります。主力のシリコーンは、「東芝シリコーン」から「GE東芝シリコーン」を経て「モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ」へと製造元の社名は変わりましたが、多くのお客様に販売させていただいております。
また、シリコーン以外にも、エポキシ、ウレタン、アクリル、フッ素等のケミカル素材の多数の取り扱いがございます。各素材の特徴を熟知した私たちが、お客様の多岐にわたる商品の付加価値創造のお役に立っております。
近年は、地球環境に優しい化学物質、衝撃や熱に強く加工性にすぐれた成形材料等の新型ケミカル素材の需要も高まっています。よりリーズナブルな海外製品の開拓等も含め、当社のグローバルネットワークを活用したご提案により、お客様の発展に貢献しております。

当社がお薦めする注目のケミカル素材。

IoTソリューション

産業機器や事務機器、ネットワークケーブルといったIoT社会を支えるものにマテリアルの技術が活躍しています。すぐれた耐久性や環境に優しいクリーンな素材、性能を向上させる素材など、求められる適材適所の製品をご提供いたします。

マテリアルデザインソリューション

長年にわたるシリコーン・フッ素の取り扱いで培ってきた技術を核に、さまざまなケミカル素材を駆使して製品の性能・品質向上を図っています。「耐熱性をよくしたい」「より透明性を向上させたい」など、お客様ごとに異なるカスタマイズのご要望を、マテリアルを知り尽くした最強の技術集団が形にします。

環境ソリューション

自動車のガラスはプラスチックに、航空機の金属ボルトは接着剤に、船底の塗料は、より水の抵抗を抑えるものへと取って代わります。マテリアルの先進技術によって軽量化とエネルギーセーブが実現し、CO2削減に貢献いたします。


シリコーンをはじめとしてエポキシやウレタン、アクリル、フッ素等のケミカル素材の持つそれぞれの特長を駆使して、電気・電子機器や化学製品、車輛、建材、化粧品等、多岐にわたる商品の付加価値を高めるのに、当社マテリアル部門はお役に立っています。また近年は、人や地球に優しい化学物質、衝撃や傷に強く加工性にすぐれた成形材料など、すぐれた性能を持つ新型ケミカル素材も多数取り扱っています。各メーカーとの強い連携のもと、開発者の細かい要望や徹底したこだわりに深い理解を示し、豊富な情報と確かなスキルでお応えするのが私たちのスタイルです。

▶マテリアル部門お取り扱い一覧
2018年7月02日 弊社社長交代 案内状を掲示しました。(ご案内
定時株主総会と取締役会において、代表取締役社長が交代しました。
70周年からその先へ、新しい体制でスタートしました。
2017年10月10日 創立70周年記念の特設サイトをオープンしました。
創立70周年を迎えるにあたり、当社の「未来戦略」や「Nextソリューション」などの最新情報をご覧いただけます。
site